カンボジアからの実習生受け入れの是非

  • 外国人技能実習生受け入れのメリット

    • 外国人技能実習生とはベトナムやカンボジア、タイなどのアジア諸国における発展地上国の経済・産業発展を目的として現地から技能実習生を日本の民間企業に最長3年間受け入れ、日本の技術や知識を伝えることで自国の発展に役立ててもらおうとする制度です。

      暮らしを豊かにしてくれるカンボジアの技能実習生に関する情報を紹介するサイトです。

      現在では建築関係漁業関係、自動車整備など外国人技能実習生を受け入れることのできる職種は多岐にわたっています。


      一方日本の民間企業にとって外国人技能実習生を受け入れるメリットも多くあります。



      一つはモノ作りの盛んな日本の鉱業や産業は少子化による労働力の高齢化が深刻な状態となっています。



      そこへ技能実習生がともに働いていくことで職場の活性化につなげることができると同時に日本の技術を伝えることができるのです。


      技能実習生は先進国である日本への憧れが強い人が多いため日々の仕事にも懸命に取り組む姿勢は日本人スタッフも見習うべきところがあります。

      また技能実習生は雇用契約の基づき働くことになるため安定した人材の確保は経営基盤を整えるためにも不可欠であるといえます。
      その他にも日本人スタッフが指導するなかで新たなマニュアル作りや改善点が多く出され企業の業務効率の改善につながります。


      今後発展途上国への海外進出を計画しているような場合には技能実習生を現地の幹部候補として採用し続けることもできるため企業側にも大きなメリットがあるというわけです。今後も外国人技能実習生は多く来日してくるため企業側の受け入れ体制を整えていくことが企業の発展につながるともいえます。